最新大会リザルト

  • パラノルディック

WPNSパラノルディックスキー世界選手権大会 5日目の結果 バイアスロン・インディビジュアルで佐藤圭一5位、出来島桃子6位!

 国際パラノルディックスキー(WPNS)主催の世界選手権大会が2月16日にカ
ナダのプリンスジョージで開幕し、大会5日目の男女バイアスロン・インディビジュ
アルが行われました。

 日本からは3名の選手が出場し、男子立位の佐藤圭一選手(エイベックス)が5
位、
女子立位の出来島桃子選手(新発田市役所)は6位、阿部友里香選手(日立ソリュー
ションズ)は8位に入り、全員入賞を勝ち取りました。

 
■談話

▼佐藤 圭一選手(エイベックス)

気温が下がりスキーの滑りが渋いコンディションの中で、厳しいレースとなった。
身体が思うように動かずテクニックとキレが悪かったが、滑るスキーを仕上げてく
れたワックスマンに助けられた。
射撃では1発ミスを誰が出すのか、という他選手との紙一重の駆け引きの中、最後
まで集中力、精神力を良い状態に保ち、自分の射撃で満射できたことは良い経験と
なった。
チームの目標でもあり自分の目標でもあった、バイアスロンでメダル獲得ができな
かった事が非常に悔しい。滑りと射撃でパーフェクトパフォーマンスを発揮してこ
そ、結果を残せるバイアスロン。今後は常に両方で最高のパフォーマンスを毎レー
ス発揮できる実力をつけて、結果を出せる、表彰台に立てる選手になるべくトレー
ニングを積んでいきたい。

▼監督 荒井 秀樹 (株式会社電通)

出場した3選手とも8位以内の入賞を果たした。表彰台まではいくつかの課題があ
るが、射撃においては20発中、佐藤圭一選手が満射、出来島桃子選手がペナルテ
ィ1、阿部友里香選手がペナルティ3だった。
インディビジュアルレースのペナルティは、1発外すごとに1分が走力タイムに加
算されていく。そのために射撃力が問われるレースで、今日も射撃成績で順位が変
動するスリリングなレース展開だった。

バイアスロンのインディビジュアルレースで威力を発揮しているのが、全選手の成
績順位が瞬時にわかるタイムランチャー(株式会社AIDの開発)で、日本選手全員の
入賞に大きく貢献できた。
出来島選手の3回目の射撃までは満射でメダル圏内で競っていたが、4回目の射撃
でペナルティ1で6位という悔しい結果となった。今日で世界選手権大会でのバイ
アスロン種目は終了し、出場した4選手で4回入賞することができた。
ワールドカップ札幌大会が今シーズン最後のバイアスロンレースとなるので、さら
に上位をめざします。

  • パラノルディック

WPNSパラノルディックスキー世界選手権大会 4日目の結果 バイアスロン・スプリントで佐藤圭一選手が6位!

 国際パラノルディックスキー(WPNS)主催の世界選手権大会が2月16日にカ
ナダのプリンスジョージで開幕し、大会4日目の男女バイアスロン・スプリントが行
われました。

 日本からは4名の選手が出場し、男子立位の佐藤圭一選手(エイベックス)が6位
に入りました。
 女子立位の阿部友里香選手(日立ソリューションズ)は10位、出来島桃子選手
(新発田市役所)が11位、男子座位の森宏明選手(明治大学)は15位でした。

■談話

▼佐藤 圭一選手(エイベックス)

ゼロイングからあまり弾痕がまとまらず不安はあったが、1回目で最終弾を見送り
不足で一発ミスし、2回目射撃はパーフェクト。目標は命中率100%だったため
悔しい。
温度も上昇し寒さが和らいだ分、雪質が少しかわり滑りではうまく対応できずスキ
ーに乗り切れていなかった。評価できる内容ではないが、明日のインディビデュア
ル15kmが最終レースとなるため、今シーズン最高の射撃とスキーパフォーマンス
を発揮し表彰台に立てるようしっかり準備をしたい。

▼監督 荒井 秀樹 (株式会社電通)

佐藤圭一選手が6位入賞と健闘した今日のレースは、明日のインディビジュアル
(個人戦)レースにつながる結果だった。
課題の走力だけ見てみると3位のカナダの選手とは1分54秒差、ペナルティ1周
分約25秒と想定して差し引くと約1分30秒差。1kmあたり12秒差で、この差
を埋めなくてはならない。
シット・スタンディングも含めバイアスロンでは走力強化が一番の課題で、北京へ
向けて走力強化対策を取り組んでいきたい。
明日のレースは、佐藤圭一・出来島桃子・阿部友里香選手が出場します。特に佐藤
・出来島選手が今シーズンの目標にしているレースでもあるのでチーム一丸となっ
てサポートしていきます。

  • パラノルディック

WPNSパラノルディックスキー世界選手権大会 3日目の結果 クロスカントリー・スプリント(フリー)で川除大輝選手が3位!

 国際パラノルディックスキー(WPNS)主催の世界選手権大会が2月16日にカナダのプリンスジョージで開幕し、大会3日目の男女クロスカントリー・スプリント(フリー)が行われました。

 日本からは3選手が出場し、川除大輝選手(株式会社日立ソリューションズJrスキークラブ・富山県雄山高校)が3位に入りました。
 岩本啓吾選手(東京美装興業)が14位、森宏明選手(明治大学)は17位でした。

■談話

▼川除 大輝選手(株式会社日立ソリューションズJrスキークラブ・富山県雄山高校)

世界選手権でのメダルは初めてだったので、とても嬉しい。また、今持っている力を全て出し切ることができたので、今日も満足している。しかし、予選では力んで体が硬くなりスピードに乗れなくてとても焦った。
準決勝からはリラックスして大きく滑るように心掛け、前半持ち堪えることができればいけると確信した。
決勝では、最後の登りの直前で後ろに誰かが迫ってきていることに気づき、LW5/7には不利な登りだったがジャンプするように駆け上がり、ラストスパートもさらにスピードを上げゴールすることができた。
あとロングが1レース残っているが、前半強い選手にできるだけ離されないようにし、
ラスト2周で勝負をかけたい。次は金を目指す。

▼監督 荒井 秀樹 (株式会社電通)

2本のスキーポールを持たないLW5/7クラスの高校3年生、川除大輝選手が世界選手権
大会・パラリンピックでのフリー種目男子部門において、日本人初となる表彰台、銅メダルを獲得しました。
クラシカルを得意とする川除選手ですがスケーティングにおいても世界の上位に入る力をつけてきており更なる活躍を期待しています。

今日のスプリントレースは予選を7位で通過し準決勝2位で決勝に進みました。
決勝はフランスの選手より11秒のハンデをもらって先にスタート、前半で追いつかれ苦しい展開でしたが粘りを見せて、後続の選手たちを振り切ってゴール。足一つの差で銅メダルを獲得。高校生の活躍で日本チームスタッフや観客の歓声が響き渡りました。
最終戦のクラシカル20kmレースでも持てる力を100%出し切れるようにチームとしてもサポートしていきたいと思います。

  • パラスノーボード

第5回全国障がい者スノーボード選手権大会&サポーターズカップ スノーボードクロス決勝 結果

 特定非営利活動法人日本障害者スキー連盟主催の第5回全国障がい者スノーボ
ード選手権大会&サポーターズカップが2月16、17日に白馬乗鞍温泉スキー
場 若栗ゲレンデで開催されました。

 この大会は障がい者がスノーボードを通じ健康増進と滑走技術の向上を目指し、
障がい者と健常者のイベントを同時に開催することで互いの親睦交流に寄与する
ことを目的としています。。

 各クラスの優勝者は以下の通りとなります。

====================================
第5回全国障がい者スノーボード選手権大会&サポーターズカップ 決勝
====================================
■開催日/2月16、17日(土・日) ■スタート時間/午前10時00分
------------------------------------
■開催地/白馬乗鞍温泉スキー場 若栗ゲレンデ
------------------------------------
■開催種目/スノーボードクロス(SBX)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【優勝者】
●下腿障害 一般男子
 小川聖一

●下腿障害エキスパート男子
 市川貴仁

●下腿障害一般女子
 小林はま江

●大腿障害エキスパート男子
 小須田潤太

●健常者(サポーター)男子
 阪勇斗

●健常者(サポーター)女子
 森恵

 ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

====================================
 今シーズンのスケジュール
====================================
2019年

 3月4日~8日 第5回ワールドカップ スペイン大会

 3月26日~31日 世界選手権フィンランド大会

====================================

  • パラノルディック

WPNSパラノルディックスキー世界選手権大会 2日目の結果 クロスカントリー・ミドル(フリー)で川除大輝選手が4位!

 国際パラノルディックスキー(WPNS)主催の世界選手権大会が2月16日にカ
ナダのプリンスジョージで開幕し、大会2日目の男女クロスカントリー・ミドル(フ
リー)が行われました。

 日本からは3名の選手が出場し、川除大輝選手(株式会社日立ソリューションズJr
スキークラブ・富山県雄山高校)が4位に入りました。
 女子立位の出来島桃子選手(新発田市役所)は9位、男子座位の森宏明選手(明治
大学)は18位でした。

 
■談話

▼川除 大輝選手(株式会社日立ソリューションズJrスキークラブ・富山県雄山高
校)

今日は後ろから強い選手が追いかけてくることがわかっていたので、ついていこう
と前半から積極的に入った。
レース中盤では周りにいる自分より早い選手を見つけ、必死についていった。後半
は一人になったがペースを落とさず走り、ラストスパートはさらにスピードを上げ
ゴールすることができた。
残念ながらメダル獲得には至らなかったが、今自分の持っている力を全部出し切れ
たレースだったと感じている。明日は初のフリーでのスプリントとなるので、まず
は予選で良いイメージをつかみ、次こそはメダルをとりたい。

▼監督 荒井 秀樹 (株式会社電通)

今日のレースは10kmフリー種目で、スタンディング男子の川除大輝選手が4位入
賞と大健闘しました。
2.5kmコースで行われ1周目から積極的なレース展開で、ウクライナ、カナダの
選手と2位を争い、最終の周回で引き離されてしまいましたが、フリー種目でも上
位を争える力をつけてきています。
明日のスプリント・フリー、最終日のロング・クラシカルでも上位をめざし高校生
最後のシーズンを飾って欲しいとチーム一丸となって全選手をサポートして行きま
す。
寒さの厳しい環境でのレースが続いていますが、他国チームよりスキーも滑ってい
て、表彰台をめざして奮闘しています。

  • パラノルディック

WPNSパラノルディックスキー世界選手権大会 初日の結果 バイアスロン・ミドルで佐藤圭一選手が5位!!

 国際パラノルディックスキー(WPNS)主催の世界選手権大会が2月16日にカ
ナダのプリンスジョージで開幕し、大会初日の男女バイアスロン・ミドルが行われま
した。

 日本からは4名の選手が出場し、男子立位の佐藤圭一選手(エイベックス)が5位
に入りました。
 女子立位の出来島桃子選手(新発田市役所)は9位、阿部友里香選手(日立ソリュ
ーションズ)が10位、男子座位の森宏明選手(明治大学)は13位でした。

■談話

▼佐藤 圭一選手(エイベックス)

射撃1、2回目に初弾が外れたため、3回目以降の初弾を出すタイミングを一呼吸
おき、余裕をもって射撃の修正ができたことは良かった。
テクニカルでスピードコースとなっており、滑りに関してはまだまだ課題がありま
すが、次のレースまで時間があるので、コース攻略をしてさらに上位を狙っていき
ます。

▼監督 荒井 秀樹 (株式会社電通)

世界選手権大会の初戦、バイアスロンミドルレースで佐藤圭一選手が5位と健闘し
た。射撃の1回目、2回目ともペナルティ1で前半を8位となった。佐藤選手の走
りは好調で、アップダウンや下りのカーブも多い高速系のコースでスキー技術のう
まい選手がコース攻略ができていた。3回目、4回目の射撃は満射で順位を5位ま
であげた。佐藤選手は粘り強く最後まで走りきっているので次回のレースが楽しみ
だ。
出来島桃子選手、阿部友里香選手と森宏明選手は、射撃が課題で命中率は40%か
ら75%と低迷している。
選手たちの状態も良いので、明日からのレースに期待してください。

  • パラノルディック

明日WPNS障害者ノルディックスキー世界選手権大会が開幕 日本から7名のクロスカントリー/バイアスロン代表選手が出場

 WPNS主催の世界選手権大会が2月16日にカナダのプリンスジョージで開幕し
ます。世界選手権大会は2年に1度開催される国際大会で、パラリンピックに次ぐ規
模の国際大会です。

 日本からは、男子は立位の新田佳浩選手(日立ソリューションズ)、佐藤圭一選手
(エイベックス)、川除大輝選手(株式会社日立ソリューションズJrスキークラブ・
富山県雄山高校)、岩本啓吾選手(東京美装興業)、座位の森宏明選手(明治大学)
がエントリー、女子は出来島桃子選手(新発田市役所)、阿部友里香選手(日立ソリ
ューションズ)、7名のクロスカントリー/バイアスロン代表の選手が出場します。

 以下、大会スケジュール、選手、コーチのコメントならびに今シーズンのスケジュ
ールとなります。
====================================
 世界選手権大会スケジュール : カナダ プリンスジョージ
====================================

 2月16日(土)バイアスロン・ミドル
   17日(日)クロスカントリー・ミドル(フリー)
   18日(月)クロスカントリー・スプリント(フリー)
   19日(火)
   20日(水)バイアスロン・スプリント
   21日(木)バイアスロン・インディビジュアル
   22日(金)
   23日(土)クロスカントリー・リレー
   24日(日)クロスカントリー・ロング(クラシカル)

         ※スタート時間は現地時間午前10時の予定
          (日本時間との時差+17時間)

====================================
 出場選手/監督 コメント
====================================
*プロフィール内のB、LWなどは障害のクラス分け記号

【選手】
■男子
▼立位
≫新田 佳浩(日立ソリューションズ)
 にった よしひろ/1980年6月8日/岡山県西粟倉村出身/LW8:片腕障害

「2年に1度行われる世界選手権は、そのシーズンだけでなくパラリンピックを見越
した重要なレースです。
徐々に調子も上がってきているので、どこまで世界の選手と争えるかを確認し、3月
の札幌W杯に向けて弾みをつけたい。」

 ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

≫佐藤 圭一(エイベックス)
 さとう けいいち/1979年7月14日/愛知県名古屋市出身/LW8:片腕障害

「世界選手権大会はパラリンピックと同じような形で競技に集中するため、バイアス
ロン3種目に出場します。
シーズンも中盤に入りスキーでのボディバランスも良くなり、冬仕様に身体もうまく
仕上がってきました。
目標はバイアスロンでのメダル獲得です。応援よろしくお願いします。」

 ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

≫川除 大輝(株式会社日立ソリューションズJrスキークラブ・富山県雄山高校)
 かわよけ たいき/2001年2月21日/富山県富山市出身/LW5/7:両腕障害

「フィンランドのワールドカップでは2位、3位と表彰台に立つことができ、また調
子が徐々に良くなって来ているので、世界選手権ではさらに上を目指して頑張りたい
と思います。応援よろしくお願いします。」

 ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

≫岩本 啓吾(東京美装興業)
 いわもと けいご/1995年11月20日/岐阜県飛騨市出身/LW3:下肢障害

「今回の世界選手権は、クロスカントリーのフリースプリントとロングクラシカルの
2種目にでます。
ロングクラシカルは、自分の中で得意としている種目なので、この種目で一番いい成
績が出せるように頑張ります。」

 ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

▼座位
≫森 宏明(明治大学)
 もり ひろあき/1996年4月26日生/東京都板橋区出身/LW12:下肢障害

「今シーズンは、フィンランド大会からバイアスロン競技にも力を入れ続け、今大会
に照準を合わせて着実に準備してきました。今まで通りのパフォーマンスを本番レー
スでも発揮できるよう、今は目の前にある課題をひとつずつ乗り越えていくことが自
分にとっての闘いです。そして日々の競技生活に臨めるのは、周囲の方々のサポート
があってこそです。その日頃の感謝を胸に全力プレーで表現していきます。
応援よろしくお願いします!」

 ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

■女子
▼立位
≫出来島 桃子(新発田市役所)
 できじま ももこ/1974年6月24日生/新潟県新潟市出身/LW6:片腕障害

「射撃については、前回のワールドカップフィンランド大会において、練習してきた
ことを目標にした結果、昨シーズンと比べて命中率が上がったので、今回の世界選手
権でも、練習と同じような射撃を目指します。滑りは、フィンランド大会の反省を踏
まえ、1月に練習してきたことをレースでもできるように頑張ります。」

 ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

≫阿部 友里香(日立ソリューションズ)
 あべ ゆりか/1995年10月7日生/岩手県山田町出身/LW6:片腕障害

「今シーズンは前半から体調を崩してしまい、なかなか調子が上がらない日々が続い
ていましたが、ようやく調子が戻りつつあります。スキーや射撃の課題も明確にな
り、
日々試行錯誤しながらトレーニングを積んできました。
今大会は課題にしてきた部分を意識しながら、100%のパフォーマンスを発揮でき
るよう頑張りたいと思います。」

 ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

【監督、コーチ】

≫▼監督 荒井 秀樹 (株式会社電通)

「2年毎に開催されるパラノルディックスキー世界選手権大会が2月16日バイアス
ロン・ミドルレースを皮切りに9日間7レースが行われます。
パラノルディックスキー日本チームは、新田佳浩・佐藤圭一・出来島桃子のベテラン
組と成長著しい川除大輝・岩本啓吾・森宏明・阿部友里香の若手組がカナダ・プリン
スジョージで世界に挑みます。
私たちチームはバンクーバー・ウィスラーで11日間の事前合宿を行い、開催地へ移
動しました。この世界選手権大会でもチーム一丸となって戦い、3月に開催されるW
杯最終戦、CO・OP共済パラノルディックスキー W杯札幌大会へと進めます。
チームを支えるコーチスタッフたちの努力と熱意に、そして応援くださるスポンサー
の皆様、多くの日本の皆様に感謝して、選手たちが今ある力を思う存分に発揮できる
よう戦いたいと思います。
日本からのパラノルディックスキー チームへの応援をよろしくお願いします。

 ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

====================================
 今シーズンスケジュール
====================================

2019年
2月16日~24日 世界選手権 カナダ/プリンスジョージ
3月13日~17日 WPNSワールドカップ第3戦 日本/札幌

3月 5日~11日 INAS 知的障害者スキー世界選手権大会

                                 以 上
====================================

  • パラアルペン

WPASアルペンスキーワールドカップ スイス/ヴェイソナズ大会 大回転(GS)第3戦で村岡桃佳が1位!!ワールドカップで5連勝!

 国際パラリンピック委員会主催のワールドカップ第4戦が2月6日にスイスの
ヴェイソナズで開幕し、大会5日目の男女大回転(GS)第3戦が行われました。

 日本からは6名の選手が出場し、女子座位の村岡桃佳選手(早稲田大学)が5
日連続となる優勝に輝きました。
 男子座位の狩野亮選手(マルハン)は5位、森井大輝選手(トヨタ自動車)は
6位、女子立位の本堂杏実選手(日本体育大学)は5位に入りました。
 男子立位の三澤拓選手(SMBC日興証券)は8位、高橋幸平選手(岩手県盛岡農
業高等学)は10位でした。

 
 本日の競技でワールドカップスイス/ヴェイソナズ大会は終了です。次回は3
月4日から始まるスペインでのワールドカップに参戦する予定です。

■談話

▼村岡 桃佳選手 (早稲田大学)
GS3戦連続で優勝出来、嬉しさと安堵でいっぱいです。平昌パラリンピックでGSで
金メダルを獲得したからには、まぐれで獲ったのではないという自信に繋げたかっ
たので、今回3戦優勝出来て良かったなと思います。
1本目は攻めきることが出来ず悔しさの残るレースではありましたが、2本目で修
正し良いレース運びが出来ました。
これで一旦帰国し、コンディションを整えて次回ワールドカップに挑めるよう頑張
ります。

▼ヘッドコーチ:   石井 沙織
本日のGSで村岡が見事5連勝を果たしました!
私自身、彼女ならやれると思っておりました。
これも、現場はともかく皆さまのご支援、ご声援によって叶ったものと思います。
チームは明日Zurich へ移動し、13日に帰国いたします。
3月も宜しくお願い致します。

  • パラアルペン

WPASアルペンスキーワールドカップ スイス/ヴェイソナズ大会 大回転(GS)第2戦で村岡桃佳が1位、本堂杏実が3位!!

 国際パラリンピック委員会主催のワールドカップ第4戦が2月6日にスイスの
ヴェイソナズで開幕し、大会4日目の男女大回転(GS)第2戦が行われました。

 日本からは6名の選手が出場し、女子座位の村岡桃佳選手(早稲田大学)が4
日連続となる優勝に輝き、女子立位の本堂杏実選手(日本体育大学)が3位に入
りました。
 男子座位の森井大輝選手(トヨタ自動車)は7位、狩野亮選手(マルハン)は
9位、男子立位の高橋幸平選手(岩手県盛岡農業高等学)は10位、三澤拓選手
(SMBC日興証券)は棄権しました。

■談話

▼村岡 桃佳選手 (早稲田大学)
本日のGS2戦目でも優勝することが出来、嬉しく思います。
昨日の反省を生かし本日のレースに挑みましたが、成功した部分と新たに失敗し課
題を見つけた部分と多々ありました。しかし、その中でも勝ちたいという気持ちを
持って貪欲にチャレンジ出来たのではないかと思います。
明日のレースも誰よりも速くゴール出来るように頑張ります。

▼本堂 杏実選手 (日本体育大学)
本日のGSでは斜面変化でお尻を落とさず斜面に合わせて動く事、緩斜面での板を走
らせる動きを意識して滑りました。一本目ではあまり動けず苦戦しましたが、二本
目では意識できるターンがあったため良かったです。今回の結果は予想していなか
ったものですが、自分の滑りを少しずつ改善し自力で表彰台に立てるよう取り組ん
でいきたいと思います。

▼ヘッドコーチ:   石井 沙織
GS2戦目、昨日に引き続き見事に村岡が優勝いたしました。本堂も3位表彰式に登り
ました。
村岡は明日の3連勝を目指しベストを尽くします。
連戦が続き選手の疲労もピークに近づいてきていますが、ラスト1日選手個々の最
大限のパフォーマンスが出せるよう取り組んでいきたいと思います。
最後の1日までご声援宜しくお願い致します。

————————————————————–

 

  • パラアルペン

WPASアルペンスキーワールドカップ スイス/ヴェイソナズ大会 大回転(GS)で村岡桃佳が1位!!

 国際パラリンピック委員会主催のワールドカップ第4戦が2月6日にスイスの
ヴェイソナズで開幕し、大会3日目の男女大回転(GS)が行われました。

 日本からは6名の選手が出場し、女子座位の村岡桃佳選手(早稲田大学)が昨
日、一昨日のスーパー大回転に続き本日の大回転でも優勝。女子立位の本堂杏実
選手(日本体育大学)が5位に入りました。
 男子座位の森井大輝選手(トヨタ自動車)は6位、男子立位の高橋幸平選手
(岩手県盛岡農業高等学)は9位でした。また、男子座位の狩野亮選手(マルハ
ン)と男子立位の三澤拓選手(SMBC日興証券)は棄権しました。

 

■談話

▼村岡 桃佳選手 (早稲田大学)
得意のGSで一本目はタイム差をつけられての2位でしたが、挽回し勝つ気持ちで二
本目に挑み、優勝することが出来ました。
二本目では一本目での失敗を生かせたことと絶対に負けたくないという気持ちによ
って、このような結果を残せたのだと思います。
3戦連続優勝する気持ちで明日、明後日のレースも全力を尽くします。

▼ヘッドコーチ:   石井 沙織
昨日、一昨日に引き続き村岡がGSでも優勝いたしました!
1本目2位からの挽回は、本人の勝ちたい気持ちが滑りにも出ていてタイムがつい
てきた事だと思います。
男子勢も負けずに明日もトライしていきますので、引き続きご声援を宜しくお願い
致します。

————————————————————–

 

1 2 3 4 5 6 7