最新大会リザルト

  • パラアルペン

WPASアルペンスキーワールドカップ フランス・モルジヌ大会 回転(SL)第1戦で森井選手、村岡選手が2位!!

 国際パラリンピック委員会主催のワールドカップ フランス・モルジヌ大会が
3月19日にフランスのモルジヌで開幕し、大会初日の回転(SL)第1戦が行
われました。

 日本からは6名の選手が出場し、座位の森井大輝選手(トヨタ自動車)と村岡
桃佳選手(早稲田大学)が2位になり表彰台に登りました。森井選手はトップと
0.05秒差でした。立位の本堂杏実選手(日本体育大学)は5位入賞です。
 また、座位の狩野亮選手(マルハン)は10位、立位の三澤拓選手(SMBC日興
証券)は11位、高橋幸平選手(岩手県盛岡農業高等学)は12位でした。 

■談話
▼森井 大輝選手 (トヨタ自動車)
スペインからフランスへ移動し初戦で表彰台に上がることがてきとても嬉しく思っ
ています。明日が今シーズンのワールドカップ最終戦になります。
来シーズンに繋がるレースが出来るようにベストを尽くします。
応援宜しくお願いいたします。

▼村岡 桃佳選手 (早稲田大学)
フランスに移動してきて初のSLでしたが、雪質・コース共に滑りやすく、良いレー
スが出来ました。
明日はワールドカップの最終戦となります。満足の行く結果を残し、笑顔で帰るこ
とが出来るよう精一杯頑張ります。

▼ヘッドコーチ:   石井 沙織
2018-19シーズン World Cupファイナル。MorzineでSL第1戦が行われ、村岡、森井
が2位表彰台に立ちました。
明日は今シーズン最終戦。悔いの残らないように、また来シーズンに繋がるような
滑りができるよう選手、スタッフ共々ベストを尽くしていきたいと思います。