最新大会リザルト

  • パラスノーボード

ピュハ2019:ワールドパラスノーボード世界選手権 初日バンクドスラロームで田渕伸司選手が3位!

 国際パラリンピック委員会主催のピュハ2019ワールドパラスノーボード世
界選手権が3月27日にフィンランドのピュハで開幕し、初日のバンクドスラロ
ームが行われました。

 日本からは5名の代表選手が出場し、LL2部の田渕伸司選手(兵庫県立出石
高等学校)が3位に入り表彰台に登りました。
 また、市川貴仁選手(エレマテック株式会社)と小栗大地選手(三進化学工業
株式会社)がともに5位入賞です。小須田潤太選手(株式会社オープンハウス)
は8位、大岩根正隆選手(キヤノン株式会社)は9位でした。

====================================
 ピュハ2019ワールドパラスノーボード世界選手権:初日
====================================

■開催日/3月27日(水) ■スタート時間/午前11時00分
------------------------------------
■開催地/フィンランド ピュハ
------------------------------------
■開催種目/バンクドスラローム(BSL)

バンクドスラロームは旗門コースを回転しながら滑り降りる記録を競う競技です。
スノーボードをしながら行う回転競技(Slalom)と言うことができ、選手の回転
を容易にするために、各旗門にはバンクが作られています。
各選手は、各コース走行で得られた記録の最高記録で順位が決定されます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 
【談話】
≫田渕 伸司選手 (兵庫県立出石高等学校)
今回3位を獲得できたのは、コーチ、スタッフをはじめ、数多くの人に支えられ、
指導していただいたおかげです。合宿でもチーム全員が切磋琢磨し、お互いを高め
あったおかげで今回、結果につながったのだと思います。この結果に満足すること
なく、表彰台のトップを狙っていきたいと思います。

 ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐