最新大会リザルト

  • IDアルペン

2019INAS知的障害者スキー世界選手権大会 最終日結果 チームパラレル・スラロームで日本が3位!!

国際知的障害者スポーツ連盟(INAS)主催の2019INAS知的障害者スキ
ー世界選手権大会が、フランスのヴェルコールで3月5日に開幕し、最終日のチー
ムパラレルが行われました。

チームパラレル・スラロームはリレーではなく、下記の3人のチーム国別対抗戦で、
トーナメント戦になります。
 1走:ii1男子
 2走:ii2男子又は女子
 3走:ii1女子
三人のチーム構成で、上の順で2カ国が同時に滑走し、早くゴールに着いた方が1
ポイントとなります。対戦国は、前日の表彰式の場でくじ引きとなりました。

日本は、オーストリア1と対戦し、4対2で敗戦。
3位決定戦でオーストリア2とあたり、6−0で勝利しました。

====================================
2019 INAS知的障害者スキー世界選手大会: 最終日
====================================
■開催日/3月10日(日)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
■時差/8時間   ■開催地/フランス ヴェルコール
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
■開催種目/チームパラレル・スラローム

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■日本 3位

 1走:木村 嘉秀(LITALICOワークス)
 2走:三好 宏樹(NPO法人アラジン)
 3走:松本 馨代((株)デリシアユーパレット)

 [優勝:オーストリア1]

************************************************************************

■談話

▼木村 嘉秀 選手(LITALICOワークス)
チームパラレル自体が初めてだったのですが、物凄く熱くなって楽しめました。ま
だ技術的には足りない所があるので、そこを磨いて勝ちにいきたいと思います。

▼松本 馨代 選手 ((株)デリシアユーパレット)
チームパラレルでは、一回戦は負けてしまって自分でも悔しさが残っていますが、
3位が取れて嬉しかったです。

▼三好宏樹 選手 (NPO法人アラジン)
チームパラレルは、初めて滑りました。一回戦は緊張し過ぎて速く滑ることができ
ませんでしたが、3位決定戦で速く滑ることができ挽回できて嬉しかったです。

▼猪狩 貴人 ヘッドコーチ (都立石神井特別支援学校)
チームとしては、トレーニングをしたことがなかったチームパラレルは不安もありま
したが、
事前に映像でパラレルレースを見たり、また直前のトレーニングの時間ではスタート
の練習
するなど、短期間の中で取り組んできました。
今後は、正式種目として採用されたことを踏まえ、国内でもチームパラレルレースの
トレー
ニングを組んでいきたいと思います。

▼廣田 貴子スタッフ手記
チームパラレルレースは、今回より正式種目となりました。
各国コーチ陣・選手も戸惑いながらでしたが、無事レースを終えることができ、ま
た選手も新しい競技にワクワクしたようです。

競技後も国別問わず「一緒にレースしない?」とお互いに声を掛け合い、一緒に滑
っている選手を見ると、つくづく国際レースに慣れてきたなぁと選手の成長に感動
するスタッフ一同でした。

  • IDアルペン

2019INAS知的障害者スキー世界選手権大会 3日目結果 スーパー大回転で木村嘉秀2位、木附雄祐3位、総合で松本馨代2位!

国際知的障害者スポーツ連盟(INAS)主催の2019INAS知的障害者スキ
ー世界選手権大会が、フランスのヴェルコールで3月5日に開幕し、3日目のスー
パー大回転と総合コンビが行われました。

日本からは6名の選手が出場し、スーパー大回転で木村嘉秀選手(LITALICOワーク
ス)が2位、木附雄祐選手(ひなり)が3位を獲得、総合コンビで松本馨代選手
((株)デリシアユーパレット)選手が2位を獲得しました。

■談話
▼木村 嘉秀 選手(LITALICOワークス)
本日のスーパー大回転では、惜しくも2位となり、実力が出し切れなかったので悔
しかったです。この悔しさをバネに、明日に向けて頑張ります。

▼木附 雄祐 選手(株式会社 ひなり)
今日は、銅メダルが取れて良かったです。
GSでは、ちょっと後傾になりミスをしていたので、今日は昨日のミスを意識して頑
張りました。今日の滑りを忘れずにこれからも頑張って行きたいと思います。

▼松本 馨代 選手((株)デリシアユーパレット)
総合で2位が取れて嬉しかったです。
明日は、初めての種目なので、緊張していますが、頑張ります。

▼東海林 史朗 コーチ (朝里川スキースクール)
スタート間隔が1分だったので、前の人の転倒などがあると更に間隔が伸びてしま
うため、スタート時点の集中力や緊張感の持続が難しかったのではないかと思いま
すが、その中でも選手達は頑張ってくれました。

今回のコースは長く、また下の方は雪が重くなっていたため、足がもたない選手が
いたように見受けられました。
今後は夏の筋トレで鍛えて行きたいと思います。

▼廣田 貴子スタッフ
本日の種目のスーパー大回転は、昨年度男子が表彰台を独占した種目です。朝から
チーム一同気合いを入れて今年も表彰台独占を狙ったのですが、惜しくも1位はフ
ランスの選手が取り、日本は2位木村選手、3位木附選手という結果になりました。
総合女子では、松本選手が2位を獲得しました。

  • IDアルペン

2019INAS知的障害者スキー世界選手権大会 2日目結果 大回転(GS)で木村嘉秀が金メダル、三好宏樹が銀メダルを獲得!

国際知的障害者スポーツ連盟(INAS)主催の2019INAS知的障害者スキ
ー世界選手権大会が、フランスのヴェルコールで3月5日に開幕し、2日目の男女
大回転(GS)が行われました。

日本からは6名の選手が出場し、男子ii1カテゴリの木村嘉秀選手(LITALICOワー
クス)が見事優勝し金メダルを、ii2カテゴリの三好宏樹選手(アラジン)が2位
銀メダルを獲得しました。
平野井渉選手(ローソンウィル所属)は6位、木附雄祐選手(ひなり)は7位、女
子の松本馨代選手 (デリシアユーパレット)が5位入賞しました。五味逸太郎選手
(モスシャイン)は9位でした。

■談話

▼木村 嘉秀 選手(LITALICOワークス)
今大会、初めて優勝できました。
2位との差が5.5秒差だったので、とっても驚きました。今日金メダルが取れた
のも、練習に付き合ってくれたコーチのお陰だと思っています。
今日は、とってもいい滑りが出来たので、明日もこの調子で連続金メダルを狙って
頑張ります。

▼三好 宏樹 選手(NPO法人アラジン)
表彰台に登れて嬉しいです。昨日は3位、今日は2位なので、明日の競技では1位
に上がって、日本の国歌を歌えるよう、頑張ります。

▼大久保 浩行 チームマネージャー(都立田園調布特別支援学校)
ヨーロッパの環境に選手の身体も慣れ、日毎に動きが良くなってきました。精神的
にナーバスになっている選手もいますが、いつも通りのパフォーマンスが発揮でき
るようにスタッフ一同盛り上げています。

今日のバーン状況は固く締まり、アルペンレースにふさわしいコース設定の中、選
手達は果敢に挑んでいました。緩斜面でいかにスピードを引き出していくのかがポ
イントでした。
金メダルを獲得した木村選手の滑りは、その点で他の選手を引き離し、圧巻の滑り
でした。
ii2の三好選手も固いバーンを果敢に攻め、昨日からの3位から2位へとアップ。
明日へのSGへ期待が高まります。
その他の選手も調子は上々。チャレンジ精神で明日のSGに臨めるよう、チーム団結
して臨みます。

▼廣田 貴子 スタッフ手記
昨日は、男子SL ii1カテゴリで表彰台を独占したフランスチームですが、本日の男
子GS ii1カテゴリでは、日本チームのエース木村選手が優勝し、日本とフランスは
お互いに刺激し合い励まし合い、良いとライバル関係を築いています。

表彰式では、フランスを始め、日本、オーストリア、トルコ、チェコ共和国、フィ
ンランド、ポーランド、各国の国旗が会場を飾り、まさに世界選手権らしい大会と
なりました。

  • IDアルペン

2019 INAS知的障害者スキー世界選手権大会 初日結果 回転(SL)で松本馨代が2位、三好宏樹が3位! 

国際知的障害者スポーツ連盟(INAS)主催の2019INAS知的障害者スキ
ー世界選手権大会が、フランスのヴェルコールで3月5日に開幕し、7日の本日は
男女回転(SL)が行われました。

日本からは6名の選手が出場し、女子ii1カテゴリの松本馨代選手 (デリシアユー
パレット)が2位、男子ii2カテゴリの三好宏樹選手(アラジン)が3位に入りまし
た。また、男子ii1カテゴリの木附雄祐選手(ひなり)は4位、平野井渉選手 (ロ
ーソンウィル所属)が5位に入賞しました。

日本選手の成績と各種目優勝者は以下の通りとなります。

====================================
2019 INAS知的障害者スキー世界選手大会: 初日
====================================

■開催日/3月7日(木)
------------------------------------
■時差/8時間   ■開催地/フランス ヴェルコール
------------------------------------
■開催種目/回転(SL)男女

すばやい動きと細かいターンが要求される、もっともテクニカルな種目です。旗門
設定によるリズム変化も随所に盛り込まれ、選手の失敗をしばしば誘います。トッ
プ選手になると旗門ぎりぎりのラインをねらっていくため、脛や手、または全身で
ポールをなぎ倒して通過することが当たり前になっています。選手はさまざまなプ
ロテクターを装着しますが、それでもその衝撃は決して軽いものではなく、格闘技
にも例えられます。

====================================
 出場選手/監督・コーチ 紹介
====================================

■女子 ii1カテゴリ

 松本 馨代 (デリシアユーパレット) 2位 2分04秒65

 [優勝:デニサ・マクロヴァ(チェコ) 1分59秒31]

■男子 ii1カテゴリ

 木附 雄祐 (ひなり) 4位 1分45秒25

 平野井 渉 (ローソンウィル所属) 5位 1分45秒49

 五味 逸太郎 (モスシャイン) 10位 2分05秒98

 木村 嘉秀 (LITALICOワークス) 棄権

 [優勝:トマス・ジロ(フランス) 1分38秒28]

■男子 ii2カテゴリ 

 三好 宏樹 (アラジン) 3位 2分04秒97

 [優勝:ポール・リーシ(フランス) 1分56秒72]

************************************************************************

■談話

▼松本 馨代  選手 ((株)デリシアユーパレット)
2位が取れたけど、ちょっと悔しいです。
明日は、今日の悔しさをバネにもっと頑張ります。

▼三好 宏樹  選手 (NPO法人アラジン)
表彰台に上がれて嬉しかったです。
明日はもっと上に登れるように頑張ります。

▼猪狩 貴人  ヘッドコーチ (都立石神井特別支援学校)
タイムスケジュールが変更される中、選手達も集中力を持って取り組んだ結果、
ii1カテゴリでは、女子では、松本選手が第2位、男子では木附選手が第4位、
平野井選手が第5位に入賞。ii2カテゴリーで三好選手が第3位、と言う結果を
もたらしました。