最新大会リザルト

  • IDノルディック

2019INAS知的障害者スキー世界選手権大会 最終日結果 クロスカントリースキーロングで青柳伶奈が8位入賞! 

国際知的障害者スポーツ連盟(INAS)主催の2019INAS知的障害者ス

キー世界選手権大会がフランスのヴェルコールで3月5日に開幕し、最終日の本

日、男女クロスカントリースキー・ロングが行われました。

日本からは5名の選手が出場し、青柳伶奈選手(イオン北海道)が8位入賞しま

した。

西村潤一選手(澁谷工業)は9位、村越裕太郎選手(あかね園)が10位、阿部

昂平選手(伸康会)は14位、戸島寿々香選手(あいべつ校)が9位でした。

■談話

▼青柳 伶奈選手(イオン北海道)

最終日のレースは、3㎞×3周の9kmフリーでした。スタート直後は、先頭グルー

プについていくことができましたが、直ぐに離されてしまいました。

ザクザクの雪で滑りにくく、1周目の下りで転倒したり、足がパンパンに張ってし

まって自分の走りができませんでした。とても反省の残るレースでしたが入賞でき

て良かったです。

今後の練習で自分に厳しくし、体力などつけていきたいと思いました。

▼富士原  裕三 監督 (北海道美深高等養護学校あいべつ校  教諭)

大会4日目の最終日、クロスカントリースキーロングフリー男子15㎞、女子9㎞

がマススタートで行なわれました。

3㎞を男子が5周、女子が3周するコースで、男子は西村潤一、村越裕太郎、阿部

昂平、女子は青柳伶奈、戸島寿々香選手の代表全5選手が出場し、青柳が8位とい

う結果だった。

女子の青柳はスタート直後、先頭集団について走るが、下りで転倒、後半の疲れか

らのスピードダウンしてしまった。ただ最後まで諦めないで走りきり8位でゴール

し入賞することができました。

他の選手は、西村が9位、村越が10位、阿部が14位、戸島が9位でした。

最終日のレースでは、各選手が疲れがたまって本来の走りができず悔しい思いをし

ましたが最後まで諦めない走りを見せてくれました。

個人レースでは上位と走力の差がついている現実を受け止め、今大会の日本チーム

の結果を振り返り、今後につなげていきたいと思います。

  • IDノルディック

2019INAS知的障害者スキー世界選手権大会 3日目結果 クロスカントリースキー・リレーで男女ともに3位

国際知的障害者スポーツ連盟(INAS)主催の2019INAS知的障害者ス
キー世界選手権大会がフランスのヴェルコールで3月5日に開幕し、男女クロス
カントリースキー・リレーが行われました。

日本からは5名の選手が出場し男女ともに3位に入りました。

【男子】
●日本チーム 3位 17分49秒5
 1走:西村 潤一  (澁谷工業) 5分30秒8(区間2位)
 2走:村越 裕太郎 (あかね園) 5分36秒4(区間2位)
 3走:阿部 昂平  (伸康会) 6分42秒3(区間3位)

 [優勝:ロシア 16分29秒0]

 ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

【女子】
●日本チーム 3位 15分36秒5
 1走:青柳 伶奈  (イオン北海道)7分26秒0(区間3位)
 2走:戸島 寿々香 (あいべつ校) 8分10秒4(区間3位)
  
 [優勝:ロシア 13分25秒0]

************************************************************************

■談話

▼西村潤一選手 (澁谷工業株式会社)

1走としてスタートの出だしが良くロシアの後ろをついていくことができたが、上
りで離されてしまった。フランスにも抜かれたが、諦めないでついて行ってバトン
ゾーン手前で抜き返して2位で村越にバトンを渡すことが出来て良かった。
明日は、初日のクラシカルでは9位だったのでそれ以上の順位を目指して頑張りま
す。

▼村越 裕太郎選手 (特別養護老人ホームあかね園)

今回はチームでのリレーで1走の西村さんから2位でバトンをもらい、バトンゾー
ンで1位のロシアがバトンミスで転倒をしたので、追いつけるように最初からスピ
ードを上げた。ロシアに迫る走りをして、フランスに40秒近く離すことができて
自分としては良い走りができた。
明日は最終日で徐々に体が動いてきているので最初から上位に食らいついてメダル
を目指します。

▼阿部 昂平選手 (社会福祉法人 伸康会)

一走の西村さんと2走の村越さんの力走でフランスを引き離してリードをもらいバ
トンを受けました。しかし上りでフランスに追いつかれ下りの急カーブで転倒しリ
ードを守れなかったこと、アンカーの役目を果たすことができなかったこと全て悔
しいです。ワックスをしてくれたコーチまたスタッフ、仲間に感謝し、明日の15
kmフリーは、少しでも上位に入れるように頑張ります。

▼青柳 伶奈選手 (イオン北海道 イオン旭川永山店)

今年もリレーで3位を獲得できてとても嬉しいです。後輩に、しっかりバトンを渡
すことができて良かったです。でも、もう少しフランスの選手についていけたら良
かったと思っています。
明日の最終レースは、今日のような滑りができるように全力で悔いのない滑りをし
たいと思います。昨年より女子選手が増えているので得意のスケーティングでしっ
かり自分の滑りをして少しでも順位を上げたいと思います。

▼戸島 寿々香選手 (北海道美深高等養護学校あいべつ校)

初日から始まったクラシカルレースより自分の得意なスケーティングだったので良
い滑りができました。先輩からバトンを受け取りしっかりゴールして3位のメダル
をもらうことができてとても良かったです。明日で最後なので自分の全力を出し切
りたいと思います。

▼監督 富士原  裕三   (北海道美深高等養護学校あいべつ校)

大会3日目は、クロスカントリースキーリレー・男子2.5kmX3人、
女子2.5kmX2人が行なわれました。
男子は1走西村、2走村越、3走阿部、女子は1走青柳、2走戸島で編成しました。
男子が銅メダル、女子が銅メダルの結果でした。

男子1走の西村は、ロシアに続く2位で第2走者の村越につないだ。その村越は1
位ロシアに迫る走りを見せて3位フランスとの差を40秒広げ、第3走者の阿部へ
つなぎました。逃げ切るために粘り強い走りをしたが下りで転倒、フランスに抜か
れ3位でゴールしました。ゴール後、阿部は悔し涙を流しているところに仲間たち
が駆け寄り、励ます場面はとても感動的でした。

女子の1走は青柳、2走は戸島。スタート後から前を行くロシアに離されたものの、
2位フランスと激走を繰り広げました。10秒差で第2走者戸島へ。戸島も、前日
までの2レースより体が動き、あきらめずに走り3位でゴール、銅メダルを獲得し
た。

前日までの2レースをふまえ力を発揮し、2カテゴリーでメダルを取ることができ
た。ただ、メダルは獲得したものの、他国との差が離れつつある。メンバー個々に
タイムを少しでも短縮し各走者へつなげることができれば、次回大会以降の色の違
うメダルへの期待ができると思います。

  • IDノルディック

2019INAS知的障害者スキー世界選手権大会 2日目結果 クロスカントリー・スプリント(クラシカル)に代表選手5名が出場!

国際知的障害者スポーツ連盟(INAS)主催の2019INAS知的障害者ス

キー世界選手権大会がフランスのヴェルコールで3月5日に開幕し、男女クロス

カントリー・スプリント(クラシカル)が行われました。

日本からは5名の選手が出場し、男子の村越裕太郎選手(あかね園)が8位、西

村潤一選手(澁谷工業)が11位、阿部昂平選手(伸康会)が12位でした。

女子の青柳伶奈選手(イオン北海道)は9位、戸島寿々香選手(北海道美深高等

養護学校あいべつ校)は11位でした。

■談話

▼村越 裕太郎選手(あかね園)

今年度は、スプリントにかけて練習してきたのでメダルをとる気持ちで臨みました。

前半は、ロシア勢について行けましたが下りで転倒してしまって準決勝敗退という

結果になりました。とても残念です。あと残りのリレーとフリーに向けて気持を切

り替えて頑張りたいと思います。

▼監督 富士原  裕三   (北海道美深高等養護学校あいべつ校)

大会2日目は、クロスカントリースプリントクラシカル・男女1.2kmが行なわれ

ました。

男子1.2劼棒沼悉甍譟村越裕太郎、阿部昂平、女子は青柳伶奈、戸島寿々香選手

が出場し、村越が日本最高位となる8位でした。

今日は、朝から気温が下がり、硬くしまったコースの中でレースは行われました。

男子が1名が予選を通過し準々決勝へ、その他の4名は準決勝に進むことができま

せんでした。

村越は準決勝1組目4人でスタートし、前半はロシア勢について粘り強い走りを見

せたが後半の下りで転倒してしまい公式成績は予選と同じ8位でした。

スプリントレースの経験が少ないことからレース運びやコース攻略に課題は残った

が、初戦より各選手の調子が上がってきています。

今日のレースをしっかり振り返り、課題を修正し、後半のレースに臨みたいと思い

ます。

他、出場選手の結果は西村が11位、阿部が12位、青柳が9位、戸島が11位で

した。

  • IDノルディック

2019 INAS知的障害者スキー世界選手権大会 クロスカントリー・ミドル(クラシカル)に代表選手5名が出場!

国際知的障害者スポーツ連盟(INAS)主催の2019INAS知的障害者ス

キー世界選手権大会がフランスのヴェルコールで3月5日に開幕し、男女クロス

カントリー・ミドル(クラシカル)が行われました。

日本からは5名の選手が出場し、男子の西村潤一選手(澁谷工業)が9位、村越

裕太郎選手(あかね園)が10位、阿部昂平選手(伸康会)が11位でした。

女子の青柳伶奈選手(イオン北海道)は9位、戸島寿々香選手(北海道美深高等

養護学校あいべつ校)は10位でした。

日本選手の成績と各種目優勝者は以下の通りとなります。

====================================

2019 INAS知的障害者スキー世界選手大会:初日

====================================

■開催日/3月7日(木) 

------------------------------------

■時差/8時間   ■開催地/フランス ヴェルコール

------------------------------------

■開催種目/男女クロスカントリー・ミドル(クラシカル)

      男子10km、女子5km

★INASとは

INASは、国際パラリンピック委員会(IPC)を構成する団体で、知的障害者ス

ポーツの普及・振興・競技力向上を目的に活動している団体です。

1998年長野パラリンピックではクロスカントリースキー競技で初めて知的障害

者のクラスが実施されました。国際知的障害者スポーツ連盟(INAS)はパラリ

ンピックへの復帰を目指しています。

当連盟ノルディックスキー委員会の荒井秀樹は、INASのテクニカルディレクタ

ーに就任しており、冬季ノルディックスキー競技の発展・運営に励んでいます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【男子】

 西村 潤一   9位 39分40秒7

 村越 裕太郎 10位 40分53秒0

 阿部 昂平  11位 41分33秒1

 [優勝:イワン・ヴォルゴフ(ロシア) 34分58秒4]

■女子

 青柳 伶奈   9位 29分47秒9

 戸島 寿々香 10位 34分04秒0

 [優勝:イリーナ・グバー(ロシア) 22分24秒2]

************************************************************************

■談話

▼西村 潤一選手(澁谷工業株式会社)

1週目は、体も動いていて快調に滑ることができたが、2週目の後半から体も重く

なって太ももも張ってしまった。入賞を目指していたが残念ながら9位という結果

に終わってしまった。

今までは、フランスの選手には負けたことがなかったので悔しい思いをしている。

明日のスプリントでは、最初から最後まで力を抜かないで全力でメダルを取りに行

きたいと思います。

▼監督 富士原  裕三   (北海道美深高等養護学校あいべつ校)

大会初日は、クロスカントリークラシカル・男子10㎞、女子5㎞が行なわれまし

た。

5㎞を周回するレースの男子は、西村潤一、村越裕太郎、阿部昂平、女子は青柳伶

奈、

戸島寿々香選手の代表全5選手が出場し、西村が日本最高位の9位の結果でした。

レース初戦、終盤追い上げは見せたものの、全選手とも前半から思うようにペースを

つかむことができませんでした。

他国と競い合う中、前半から積極的に走り、明日以降、上位に食い込めるようしっか

りレースプランを立てていきたいと思います。

その他の選手は、村越が10位、阿部が11位、青柳が9位、戸島が10位という結

果でした。

 

昨年と同様、他国の選手が成長も目覚ましいので、日本選手団も他国の勢いに負け

ず、

2日目以降、スプリント、リレー、ロング(フリー)種目でのメダル獲得と多数の入

賞を目指したいと思います。