お知らせ

  • 委員会

【内容訂正】Global DRO掲載医薬品の表示変更に関する注意喚起について

アンチ・ドーピング委員会よりご連絡です。

 

Global DRO掲載医薬品の表示変更に関する注意喚起について、

日本アンチ・ドーピング機構より下記の通知文の共有がありました。

Global DRO掲載医薬品の表示変更に関する注意喚起について

 

先日、この注意喚起を掲載しましたが、参考に挙げた医薬品の種類に誤りがありました。

申し訳ございませんでした。

以下は修正したものですのでご確認ください。

 

ご参考までに、糖質コルチコイドを含まない口内炎治療薬は

以下のものがあります。

 

[処方薬]

 ・アズノール軟膏

 

[市販薬]

 ・サトウ口内軟膏(佐藤製薬)

 ・トラフル軟膏(第一三共)

 ・口内炎軟膏大正A(大正製薬)

 ・口内炎パッチ大正A(大正製薬)

 

口内炎に使用される塗り薬、貼り薬の多くに糖質コルチコイドが入っています。

特に市販薬は、同じ口内炎の薬で、類似する名前の製品が複数存在し、

糖質コルチコイドを含むものが多くありますので

購入前・使用前に必ず確認してください。

  • 委員会

アンチ・ドーピングの取組み

日本障害者スキー連盟は日本アンチ・ドーピング機構と連携し、アンチ・ドーピング活動を推進しています。

2021年に世界アンチ・ドーピング規程(WADA CODE)の改訂があり、
競技団体はアンチ・ドーピングの教育啓蒙に注力することが規定されました。

 

その活動の一環として、強化指定選手からフェアネスを発信していただく目的で、JADAのフラッグにサインやアンチ・ドーピングに関するメッセージを記入しています。

このフラッグは連盟で主催するイベント等で掲出し、今後も継続的にフェアネスの発信をしてまいります。

  • 委員会

アンチドーピング/18歳未満の競技者の親権者からの同意書について

2021年1月1日に発効する「世界アンチ・ドーピング規程 検査及びドーピング調査に関する国際基準」では、18歳未満の競技者(※大会出場時)がドーピング検査のある大会に出場するために、その親権者のドーピング検査についての同意をアンチ・ドーピング機関に提出することが必要であると定めています。

 

親権者からの同意書は検査対象になった際、検査会場で検査員へ提出することになります。当日持参できなかった場合には速やかにJADAあて郵送してください。同意書不携帯で違反等課せられることではありません。

 

詳細は以下を参照してください。

https://www.playtruejapan.org/jada/u18.html